スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の気胸・胸膜炎について ①


重い場合には、よだれや喀血がみられます。

あまり咳は出ないのですが、発熱や食欲不振で、

ひどくなると生命の危険も出ます。

軽い場合は、呼吸が速く浅くなります。

安静にして、薬などでおさまる事も多いです。

何らかの原因で、空気が胸腔に入り込んでしまうので、

肺が正常な活動が出来なくなってしまいます。

肺炎などを併発している場合、またケガで肺に

損傷を受けている場合などでも気胸になります。


胸膜炎胸の内部にある胸膜というところが

炎症をおこすと、呼吸困難になります。










スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。