スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の腎不全について ①


一度慢性腎不全になると腎臓が再びもとの機能に戻る

可能性は非常に少ないので、これ以上、悪化しないように

治療をしていきます。やはり、早期発見が何よりです。

腎不全の種類には、腎前性腎不全、腎性腎不全、

腎後性腎不全、急性腎不全、慢性腎不全があります。

急性腎不全になるとたんぱく質を代謝したときの

窒素化合物を排泄が出来なくなり、

血液中の窒素濃度があがりますので、
高窒素血症になります。

腎前性腎不全では、大量の出血、下痢、ショック、

やけど、心不全などで体液の喪失が起きて、

尿の生成が止まってしまいます。

急性腎不全は、適切な治療で回復の

可能性は充分あります。

腎性腎不全では、腎臓実質の障害や感染、

腎毒性薬剤服用によるものです。

何かしらの原因によって、

血液をろ過すして尿を作る

ネフロンが少しずつ壊れていき、


腎臓が機能をしなくなります。










スポンサーサイト
Category: 犬の健康

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。