スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の膀胱炎について その①


ある程度の数値が確認されて、

はじめて、膀胱炎と診断されます。

また排尿の姿勢を取りながら、

尿が出ないケースもあります。

特にオスとメスとでは形が違います。

膀胱炎のときの尿は、色が濃く、

血が混じったり、にごったり、
異常が見れます。

メスの尿道は大きくて短いので

感染はしやすいです。

結石は、メスは膀胱結石が多く、

特に尿路感染症のメスには

よく見受けられる病気です。

治療は、抗生物質などです。

当然に尿の回数も増えてきます。

膀胱の病気は最近などの感染症、

結石などが多いです。尿を検査すれば、

白血球の数値で診断できます。

細菌の感染が増えると、悪化して、

腎臓の病気になるケースもあるので、
注意が必要です。








スポンサーサイト
Category: 犬の健康
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。