スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の生活習慣を考える




もしも病気があるのであれば、
獣医と相談しながら食生活を改善して下さい。
室外飼育の場合は、
暑さと寒さの対策をしてあげてください。

特に暑さや寒さ、水分の補給には注意して下さい。
また高齢になると自分から引き返したり、
雨の日は外へ出るのを嫌がったりすることも出てきますが、
の健康状態にあわせて、無理強いしないようにしましょう。

お天気を見ながら、負担にならないように、
気分転換をさせてください。
また室内飼育の場合は、滑りやすいフローリング、
ケガが多くなる階段、段差やカドに
ぶつからないような
配慮も必要です。

現在は多種多様なものが出ておりますので、
使いやすいものを選んでみてください。
の生活習慣から考えてみましょう
食生活高齢とともに1回の食事の量は減ってきます。

運動量ハードな運動は無理ですが、
散歩などの定期的な運動は必要です。
年齢によって室内飼育に変更したり、
家族の目につきやすい場所に近づけたり、
夜は玄関の中に入れるなどの工夫もとてもよいことです。

着るもの寒さ対策以外では、
ほとんど介護に密接になってきます。
皆さんのやさしさに感謝です肥満による
生活習慣病に注意することが大切です。

運動量によって、内臓や筋肉など老化を予防したり、
外の空気を吸って、ストレスがなくなることもとても大事です。
色々工夫をして見るのが良いと思います。

食べる量が少ない、食欲にムラがある時は、
分量を少なく、回数を増やすとか、
匂いで食欲を増加させることも有効です。
ドッグフードもシニア用にして、
栄養が片寄らないように注意して下さい。

室内の場合は、
なるべくトイレを近くに持ってくるとか、
散歩時で排泄をする習慣であれば、
散歩の回数を増やすとかが必要です。
これは非常によいことですが、
味付けを濃くせずに、塩分なども控えてください。

そのためにカロリーを少なくする必要が出てきます。
住まい室内飼育と室外飼育と様々だと思いますが、
最初にトイレに対して配慮をしましょう。

最近は家庭で手作りのご飯を作る方が増えています。
食べることは健康を維持することに大変有効です。




スポンサーサイト
Category:

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。